体操教室

運動療育の観点からみて、プレ・ゴールデンエイジ(4歳~8歳ごろ)時期は就学前・後の2つに分けられます。就学前が自分の体の動かし方の学習であったのに対し、就学後は集団との絡みを含めた運動学習に入っていく時期です。

当体操教室では現代社会で見かけなくなった、プレ・ゴールデンエイジ後期(6歳~8歳)からゴールデンエイジ(9歳~12歳)時期にほしい、発育・発達に重要な”外遊び”の運動要素を意識した器械運動を行います。

森本 章路(モリモト ショウジ)日本体育大学卒

広島県体操協会 理事
広島市体操協会 事務局長
広島体育技術研究所 主宰

【研究歴】
日本体育大学 石井研究室(キネシオロジー研究室)
広島大学 吉原研究室(体育方法学)研究員

【過去の研究】
器械運動の身体動作学的指導(広島体育学研究 1993年3月)

【現在の研究】
感覚統合と器械運動

森本 圭子(モリモト ケイコ)日本体育大学短期大学部卒

広島市体操協会 事務局
広島体育技術研究所 体操教室 代表

ページ上部へ戻る