音楽療法リトミック

リトミックは、スイスの作曲家、音楽教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズ(1865年~1950年)によって創られた音楽教育法です。音を聴き、感じ、身体で理解することで、心と身体の調和をはかり、『思考・感情・行動』のバランスの取れた人間になるようにという願いのもと考案されました。表現力・創造性・想像力・協調性・集中力、言語・数の概念・知育などの発達を助長し、豊かな感性を育てる事を目的としています。

  •    想像性と創造性に沿って自己開発をしながら個々の能力を伸ばしていく。
  •    音楽に感応する能力を育て、感受性豊かな人間作りを目指す。
  •    グループ活動を通じて、人とのかかわり、自己の確立、協調性を学ぶ。
  •    音楽に従って動く。(リズム、ハーモニー、メロディー等の音楽の構成要素を理解し、把握する)
  •    テーマについてのイメージを喚起し、身体を使って表現する。
  •    即時反応の訓練をおこなう。(脳と身体を結ぶ流通を速やかにする。)
  •    表現したいものを譜面・絵にかく、あるいは書かれたもの(視覚を使って得た情報)を再表現する。

リトミックは、大変柔軟で多面的なので、音楽教育の分野に留まらず、一般教育(特に幼児教育)表現活動(演劇、オペラ、ダンス等)音楽療法等、多岐にわたり影響を及ぼします。たくさんの音や音楽を聴き、音やリズムをより深く感じること、表現することなど、楽しみながら学ぶことを大切にします。特に聴感覚は、脳の成長に大変大きな影響がある事が生理学的にも実証されています。レッスンを定期的に継続することによって、無理なく感覚機能に刺激を与え、豊かな感性を引き出すことや身心のバランスのとれた成長を促すことが可能です。なかでも幼児期にリトミックのレッスンを受け、身体と聴覚を育てる事は、幼児の成長に非常に大切な事だと言われています。

豊かな感性を育てる

「ある生徒がレッスンで得た印象と成果を基に、リトミックの意義を説明する事はたやすい事だが、
より深いリトミックの理解の為には、自身がレッスンを通してリトミックを体験する事が不可欠である」

エミール・ジャック=ダルクローズ

リトミック リトミック リトミック

馬杉知佐先生国立音楽大学卒業。Institut Jaques- Dalcroze (ジュネーブ) にて、国際リトミックライセンスを取得。
特別支援学校、聾学校教諭を経て、現在比治山大学短期大学部幼児教育科准教授。日本ジャック・ダルクローズ協会理事。日本医療福祉コミュニケーション協会講師。
コンタクトインプロビゼーション、ボディーマインドセンタリング、ヨガ等、身体と心そのものを発達させる数々のトレーニングを受講し、それらを生かしたリトミックを得意とする。また感覚統合をキーワードに発達障害児や重複障害児だけでなく、重心施設にてリトミックを展開している。

ページ上部へ戻る