未就学児の保護者の方

お子様の発達に気になるところはありませんか?

子どもたちの特性に寄り添い、
しっかり伸ばしていくために

子どもたちは成長の過程で色々なことを学び、身に付けていきますが、自然に学んでいく子とその子に合った学び方の工夫が必要な子がいます。

これは生まれつき脳の中での情報処理の仕方が異なるため、「覚え方が違う」という特性によるものだと考えられています。この特性は個人差が大きく、環境や経験によっても大きく変化します。

従って「みんなと同じで当たり前」という前提のもとでは、「できないこと」が目立ってしまったり。「困った行動」として現れたりします。

しかし、「どういう行動をとればいいのか」「別の方法を工夫すればできる」ことが分かることで、「できること」を増やしたり、困った行動を減らしたりできるのです。このような「行動」や「工夫」には子どもが自分でできるスキルがたくさんあります。

ステップ光町では子どもたちの特性に寄り添い、できることをどんどん増やしていく、うまくいっているところはしっかり伸ばしていくために、一人ひとりの成長・発達に合った支援を行います。

特定非営利活動法人きぼう

お子様の発達に
気になるところはありませんか?

体の動きがぎこちない

手先を使うことがうまくできない

理解や言葉に遅れがある

興味・関心のかたより、こだわりが強い

不注意・多動・衝動性が目立つ

気持ちの切り替えができにくい

人との関わりに困難さがある

感覚の過敏性・過鈍性がある

児童発達支援

身近な地域で質の高い支援を
必要とする未就学児が
療育を受けられる場を提供します。

未就学児の保護者の方

お子様の発達に 気になるところはありませんか?

NPO法人きぼう

ひとり一人の成長・発達にあった支援を!

1,当法人の目的は、定款第3条に次のように定めています。

「特定非営利活動法人きぼうは、幼児から青年期にいたる子供たちとその保護者及び関係者に対して、子供の主体的な学びと自立的な成長を支援する新しい学校の設立ならびに運営を中心に、地域社会での自立と社会参加を生涯にわたって支援する事業を行い、健全な精神保健福祉の社会環境の整備と生活支援体制の確立に寄与することを目的とする。」

2.当法人は、定款第3条の目的を達成するため、定款第5条に15項目の「特定非営利活動に係る事業」と5項目の「その他の事業」を行うことを定めています。

3.当法人は、現在、「児童福祉法に基づく指定障害児通所支援事業及び指定障害児相談支援事業」を中心に行っています。

豊富な人材
子どもたちの特性に寄り添い、しっかり伸ばしていくために。経験豊かなスタッフがお手伝いいたします。
安心安全な環境づくり
支援の環境づくりを大事に様々な体験・学習の場を提供します。また、支援スタッフを含め、全員一丸となってコロナウイルス感染症への対策を実施しています
様々な取り組み
子ども一人ひとりの苦手なところ、得意なところを考慮しながら無理せず楽しく、様々なことに挑戦してもらえるように取り組んでいます
支援目的
子どもたちの一人ひとりの個性・状況を考慮しながら、個別指導・集団での遊びや、日常生活でのルールを学ぶことを通して、日常・集団生活に必要な力を身につけ情緒の安定をはかり、自己肯定感を育てます。